MHFリオンの旅
MHF内での、活動日記ですヾ(≧▽≦)ノ 楽しく、気ままに、のんびりと1鯖で生息している リオンと猟団≪モキュ・w・モキュ≫の記録ですヾ(*´∀`*)ノ
あなたにとっての感動RPGはなんですか?(*´∀`*)
皆さん、ちゃ───ヾ(。・∀・。)ノ───ぉ!!


珍獣リオンです(*´∀`*)♪


今日はモンハンから離れて、昨日仕事場で話題になったお話。


昨日仕事仲間の些細な質問から。


『あなたにとって感動したRPGは何ですか?』


結構多かった意見は、ファイナルファンタジーシリーズ。


(o'∀'))ゥンゥン、わかります。


わたしもFFⅩで、結構感動しましたよ(*´∀`*)♪


FFで話が盛り上がる中、私が、


『テイルズもいいよね(*´∀`*)♪』


って、言ったら、更に盛り上がっちゃった♪


そこで、今回はテイルズシーリーズから、私が一番感動した『テイルズオブデスティニー2』を


ざっくばらんにご紹介したいと思います(*´∀`*)♪


まずは、オープニング。





1はDEENが、2は倉木麻衣さんが主題歌を歌っております(*´∀`*)bスバラシイ!


物語は、スタン(1の主人公)達が『神の眼の動乱』から、世界を救って18年後のお話。


スタンは、共に戦ったルーティと結婚して、2人で孤児院を営み、なんと子供までできちゃったんですね~。


息子のカイル。この物語の主人公です(*´∀`*)♪


ちなみに、この時スタンは、カイルが生まれてから間もなく旅に出たとか。


でも実際は、バルバトスっていう悪者に殺されてたんですね(´;д;`)コレ、ショックダッタ。


カイルは父スタンと同じ英雄をめざし、親友のロニと旅立ちます。


2人は、ラグナ遺跡で巨大レンズから出てきた1人の少女・リアラに出会います。


何でも彼女は英雄を探しているとか。


カイルはすかさず、自分が彼女の探している英雄だというのですが、軽くあしらわれます。





ここから、リアラと共に物語は進んでいきます。


この物語の世界には聖女エルレインという、1人の女性がいるのですが、彼女の目的は


『痛みのない世界=人々の幸福』を作ること。


最初はそうでもないのですが、後にこの考えが凄くゆがんだ方向性へ・・・。


実はこのエルレイン、フォルトナ神(ラスボス)から生み出された聖女。


そしてリアラも実は、同じ聖女だったんですね~。


フォルトナ神は、2人の聖女にそれぞれ、人々の幸福の為の手段を模索させ、どちらかの考えを実行しようと


してたんですね~。


エルレインは、痛みのない世界=人々の幸福→神の言うとおりに生きる人々の世界って考えになっちゃいます。


これでは、生きてるようで死んでいる世界ですね~(´・ω・`)


リアラはこの考えには反対で、エルレインに対抗します。


フォルトナ神はエルレインの考えを遂行しようと、過去・現在・未来の歴史を、エルレインに


変えさせようとします。


過去で、天地戦争(スタン達の話から1000年前)で活躍した英雄たちを抹殺しようとしたり、


現在で、スタン筆頭に、神の眼の動乱で活躍した英雄を抹殺しようとしたり、


要は、英雄たちを抹殺して、代わりに自分たちが救いの神となり、人々の信仰を集め、


洗脳しようとしたんですね。


長くなるので省略しますが、物語の終盤で、カイルはリアラが聖女だと知ります。


そして、フォルトナ神が消える=リアラ消滅ってことも知ってしまいます。


世界を救うか?リアラを救うか?


ここで英雄の資質を問われるカイル。




そして、最終決戦へ・・・。



フォルトナ神を倒して、レンズを砕くムービー。





2人の切なくはかない想いが伝わってきます(´;д;`)。



そして、エンディング・・・。





ここで私の涙腺は完全崩壊しました・゚・(*ノДノ)・゚・ヨカッタネー、ホントヨカッタ。


ざっくばらんに書きましたが、ぜひオススメなので、よかったらプレイしてみてください♪


『あなたにとって感動したRPGはなんですか?』


てことで、皆さん、ァディオ───(`・ω・´)ノ───ス!


スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
FF10もいいけど、俺はFFなら8ですね~!あの挿入歌は泣ける(T-T)


テイルズは俺も初期の作品のが好きですねぇ!
最近のはよくわからん!(笑)
2013/02/13(水) 17:50:12 | URL | bySANA (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)